無料ホームページテンプレート Template Party

『会員登録型サイト』マニュアル

出力させる文字数を指定する

トップページ(index_.html)のcontentsの文字数を制限してみる事にします。

手順

  1. index.phpを開き、一番最後に以下のタグを追加します。

    $len = 10; →文字数の指定です。この場合は10文字出力させます。
    $add = ""; →文字列の最後に追加する文字です。
  2. テンプレート(index_.html)を開き、タグを置き換えます。


    {fval list1/contents|xtrancate}
    valからfvalになり、最後に|xtrancateという文字列を追加します。

    例えば、
    {val list1/info1/value}
    に指定するなら以下です。
    {fval list1/info1/value|xtrancate}
  3. index_.htmlとindex.phpをアップロードして確認してみましょう。
    以下のように制限されていればOKです。

補足。ブロックにより出力させたい文字数が異なる場合

  1. バリエーションの数だけindex.phpに追加します。
    基本的に同じタグをコピペし、「xtrancate」に数字を割り振るだけです。文字数が異なるための設定なので、$lenの設定値ももちろん変更します。
    以下は「xtrancate1(10文字)」と「xtrancate2(20文字)」の2種類を用意した例です。
  2. あとはhtml側にタグを追加します。先ほどと同じですが、xtrancateに数字がついたので、数字も忘れず入れて下さい。

<< 1つ前のページに戻る