無料ホームページテンプレート Template Party

『会員登録型サイト』マニュアル

タグ解説(index_.html)

補足

2020/03/22より、管理画面で使っているname値が見れるようになりました。

管理ページ

name値が見えない場合、html側で確認(↓)できます。

「現在の登録数」ブロック

サイト側

html

タグ解説はこちら

呼び出しタグ

total

登録データ数を呼び出す為のタグです。

カテゴリーごとのデータ数を呼び出す

<!--{def counter/total}-->
{val total/●}
<!--{/def}-->

サイト側

html

setup.php

setup.phpのカテゴリーごとの登録件数を表示するタグです。非公開のデータはカウントされません。
htmlタグの{val total/●}の、●部分とsetup.phpの数字が連動します。
defは、データがある場合を意味します。データがある場合に、データ数({val total/●})を出力します。

データが「ない」場合に出力する

<!--{ndef counter/total}--> … <!--{/ndef}-->

ndefは、データがない場合を意味します。
データがない場合に間のタグを出します。この場合は(0件)と出力されます。

全データ数を呼び出す

{val total/total}

2020/03/22時点でのポータルサイト向けCMSのテンプレートにはこのタグは入っていません。
必要なら入れて下さい。

登録されているデータの合計数を表示します。非公開の物件はカウントされません。
このタグが入っていないテンプレートもあります。必要な場合は直接タグを打ち込んで下さい。

「更新情報・お知らせ」ブロック

サイト側

html

タグ解説はこちら

呼び出しタグ

newinfo

管理画面の「お知らせ」のデータを「トップページ」に呼び出す為のタグです。

ループ処理

<!--{each newinfo}--> … <!--{/each}-->

html

eachループ処理させるタグです。
データの数だけ間のタグを使ってループ出力します。

日付を出力

{val newinfo/rss_date}

サイト側

html

管理画面の「日付(rss_date)」を出力します。

urlが入力された場合(タイトルと内容をリンクつきで出力する)

<!--{def newinfo/url}--> … <!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
管理画面の「リンク先(url)」のデータが入力されている場合に、間のブロックを出力します。
間には、「タイトル(title)」「内容(contents)」「NEWアイコン」をリンクタグつきで設定しています。

urlが未入力の場合(タイトルと内容をリンクなしで出力する)

<!--{ndef newinfo/url}--> … <!--{/ndef}-->

サイト側

html

ndefは、データがない(ndef)場合を意味します。
管理画面の「リンク先(url)」のデータがない場合に、間のブロックを出力します。
間には、「タイトル(title)」「内容(contents)」「NEWアイコン」をリンクタグなしで設定しています。

管理画面の「リンク先(url)」を出力

{val newinfo/url}

html

管理画面の「タイトル(title)」を出力

{val newinfo/title}

サイト側

html

NEWアイコンを出力

<!--{def newinfo/new_flag}--> … <!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
setup.phpで指定している新着表示期間、NEWアイコンが出力されます。
(関連マニュアル:NEWアイコンの表示期間を変更する方法

管理画面の「内容(contents)」を出力

{val newinfo/contents}

サイト側

html

「最新 不動産情報」ブロック

サイト側

html

タグ解説はこちら

呼び出しタグ

list●

新着データを「トップページ」に呼び出す為のタグです。
htmlタグの「list●」の、「●」部分とsetup.phpの数字が連動します。
「"1"(試用版なら売買物件)」ならlist1、「"2"(試用版なら賃貸物件)」ならlist2…です。
管理画面で「新着」を選んだデータが新着データ扱いになります。

setup.php

管理ページ

ループ処理

<!--{each list●}--> … <!--{/each}-->

html

eachループ処理させるタグです。
データの数だけ間のタグを使ってループ出力します。

画像を出力

<!--{def list●/image1_file}--> … <!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
1枚目の画像(image1)がある場合に間のタグを出力します。
間には、1枚目の画像(image1)を読み込むimgタグと詳細ページへのリンクタグが入っています。

代替画像を出力

<!--{ndef list●/image1_file}--> … <!--{/ndef}-->

サイト側

html

ndefは、データがない場合を意味します。
1枚目の画像(image1)がない場合に間のタグを出力します。
間には、画像がない場合の代替画像(noimg.png)のタグと詳細ページへのリンクタグが入っています。

詳細ページへの自動リンク

?act=bukken&id={val list●/info_id}

html

NEWアイコンを出力

<!--{def list●/new_flag}--> … <!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
管理画面で「新着」を選んだ場合に出力します。
タグの間にはNEWアイコンのhtmlタグが入っています。
管理ページ

UPアイコンを出力

<!--{def list●/update_flag}--> … <!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
管理画面のデータを更新した場合に出力します。
間にはUPアイコンのタグが入っています。
(表示期間はNEWアイコンと同じ条件です。)

管理画面の「タイトル(title)」を出力

{val list●/title}

サイト側

html

管理画面の「内容(contents)」を出力

<!--{def list●/contents}-->
{val list●/contents}
<!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
管理画面の「説明(contents)」が入力されている場合に間のタグを出力します。
間には、管理画面の「説明(contents)」を読み込むタグが、段落タグごと入っています。

管理画面の「項目1(info1)」を出力

<!--{def list●/info1/value}-->
{val list●/info1/value}
<!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
上記の場合、管理画面の「項目1(info1)」が入力されている場合に間のタグを出力します。
間には、管理画面の「項目1(info1)」を読み込むタグが、段落タグとリンクタグごと入っています。

「最新 求人情報」ブロック

サイト側

タグ

タグ解説はこちら

呼び出しタグ

list●

新着データを「トップページ」に呼び出す為のタグです。
htmlタグの「list●」の、「●」部分とsetup.phpの数字が連動します。
「"101"(試用版なら飲食店情報)」ならlist101、「"301"(試用版なら求人情報)」ならlist301…です。
管理画面で「新着」を選んだデータが新着データ扱いになります。

setup.php

管理ページ

ループ処理

<!--{each list●}--> … <!--{/each}-->

html

eachループ処理させるタグです。
データの数だけ間のタグを使ってループ出力します。

詳細ページへの自動リンク

?act=bukken&id={val list●/info_id}

html

NEWアイコンを出力

<!--{def list●/new_flag}--> … <!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
管理画面で「新着」を選んだ場合に出力します。
タグの間にはNEWアイコンのhtmlタグが入っています。
管理ページ

UPアイコンを出力

<!--{def list●/update_flag}--> … <!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
管理画面のデータを更新した場合に出力します。
間にはUPアイコンのタグが入っています。
(表示期間はNEWアイコンと同じ条件です。)

管理画面の「タイトル(title)」を出力

{val list●/title}

サイト側

html

管理画面の「内容(contents)」を出力

<!--{def list●/contents}-->
{val list●/contents}
<!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
管理画面の「説明(contents)」が入力されている場合に間のタグを出力します。
間には、管理画面の「説明(contents)」を読み込むタグが、段落タグごと入っています。

管理画面の「項目1(info1)」を出力

<!--{def list●/info1/value}-->
{val list●/info1/value}
<!--{/def}-->

サイト側

html

defは、データがある場合を意味します。
上記の場合、管理画面の「項目1(info1)」が入力されている場合に間のタグを出力します。
間には、管理画面の「項目1(info1)」を読み込むタグが、段落タグとリンクタグごと入っています。

<< 1つ前のページに戻る