CMS履歴(2020/07/10更新)

STEP1. CMSプログラムとCMS専用テンプレート

解説

※当ページの解説は、「tp_fudosan12テンプレート」が土台となっております。
その他のテンプレートをご利用の場合は、梱包ファイルや画面構成が若干異なりますのでご注意下さい。

※以下の「赤ワク」のフォルダやファイル類がCMS納品ファイルになります。

プログラム関連
index.php プログラムファイルです。※基本的に編集は不要です。
setup.php プログラムファイルです。
物件カテゴリーを決めたり、フォームの設定などをこのファイルに直接書き込んで行います。
data
フォルダ
データファイル(sqliteファイル)を梱包しているフォルダです。※直接の編集はしないで下さい。
このファイルに物件データが書き込まれていきます。定期的にこのファイルをダウンロードしておく事で最低限のバックアップができます。
※試用版と販売品の違いは、このファイルの構成が異なるのみです。

上書きリセットに注意。
管理ページを更新した以降は、「サーバー上」のsqliteファイルが更新されていきます。更新後にローカル上のこのファイルをアップロードしてしまうと上書きリセットされるのでご注意下さい。

upload
フォルダ
CSVアップロード機能を使う際に画像を取り込む為のフォルダです。CSVの画像ファイル名と一致するファイルがこのフォルダ内にある場合に画像が登録されます。
user_data
フォルダ
管理画面でアップロードしたファイルを格納するフォルダです。
テンプレート関連(各自ダウンロードして下さい
index_.html 「トップページ」用のテンプレートファイルです。
ファイル名は変更しないで下さい。
プログラムがこのファイルを認識してindex.html代わりに使いますので、ファイル名は変更しないで下さい。また、他にindex.htmlがあるとそちらが優先表示されてしまいますので、作らないように。index_.htmlというファイル名ですが、実際にこのファイルにアクセスする事はありません。通常のindex.html同様、http://〜〜〜/で開きます。
list.html 「一覧ページ」用のデフォルトテンプレート。
item.html 「詳細ページ」用のテンプレート。
toiawase.html 物件問い合わせ・一般問い合わせフォーム(※兼用)ページです。
通知先アドレスや件名などはsetup.phpファイルにて行います。
iconフォルダ 詳細ページに表示させる「こだわりアイコン画像」が梱包されています。
その他 CMS出力とは直接は関連しないファイル類です。

Step2. セキュリティ対策

<< マニュアルページに戻る