無料ホームページテンプレート Template Party

『高機能版』不動産CMS

>> CMSバージョン履歴(2019/08/08更新) <<

地域別での絞り込みをする(検索ページに地域絞り込み用のチェックボックスorプルダウンを置く方法)

まずは地域専用の番号を割り振っておきます。

  • 品川区…「101」
  • 渋谷区…「102」
  • 新宿区…「103」
  • 杉並区…「104」

など、社内でリストを作るなどして決めておいて下さい。

※設定する数字や文字列についての注意点
1ケタの数字は使わないで下さい。もし「1」で設定した場合、「11」や「21」など、「1」の含まれたデータが全て検索に出てしまいます。どうしても「1」を使いたい場合は「01」であれば大丈夫だと思います。もちろん「01」が含まれる「101」などは検索されます。「10」と設定した際は「101」や「110」なども同様に「10」が含まれるので検索されます。

割り振った「地域」を登録する為の項目を1つ用意します。

試用版の設定をそのまま引き継ぐ場合は「項目20」が全て空いていると思いますのでそちらを使うと便利です。

管理ページの左メニュー「項目設定」をクリックし、一覧から各物件の編集ボタンをクリックし、出てきた設定画面の「項目20」に「地域コード」と入力。名称は「地域コード」でなくてももちろん構いません。

登録したら左メニューから「賃貸物件」をクリック。どのデータでも構いませんが、一番上にある「賃貸物件E」の編集ボタンをクリックします。

編集画面が出ますので、新しく追加した「項目20」の「地域コード」に冒頭で決定した地域番号を入力します。
今回は例として「101(品川区)」にしています。

同じ手順で、
「賃貸物件D」を「102(渋谷区)」
「賃貸物件C」を「103(新宿区)」
「賃貸物件B」を「104(杉並区)」
「賃貸物件A」を「101(品川区)」
にしてみます。
「賃貸物件A」はあえて「賃貸物件D」と同じ「101(品川区)」にしてみました。

管理ページ側の設定はこれで終了です。

list.htmlを開き、地域検索用のパーツ(チェックボックスorプルダウン)を追加します。

物件カテゴリー単位でこのカスタマイズを行いたい場合、物件種類ごとに「一覧ページ」「詳細ページ」用のテンプレートを指定する方法をご覧下さい。

その1:チェックボックスを使いたい場合

list.htmlを開き、デフォルトで入っている「所在地で検索」の代わりに地域検索用のチェックボックスを追加していきます。

↓以下をコピペして使って下さい。

■解説

1行目の「品川区」を例にとってみます。

<input type="checkbox" name="info20C[]" value="101" {val form/info20C101}>品川区<br>
→上記の「info20」は管理画面で使った項目番号です。違う項目を使った場合は変更が必要となります。
C」は無条件に必ず加えます。また、"info20C[]"の[]もチェックボックス機能を使う上で必要なので入れて下さい。

<input type="checkbox" name="info20C[]" value="101" {val form/info20C101}>品川区<br>
→上記の「101」は管理画面で入力した「地域番号(品川区:101)」です。

<input type="checkbox" name="info20C[]" value="101" {val form/info20C101}>品川区<br>
→上記の地域名は自由に入力して頂いて構いません。

その2:プルダウンを使いたい場合

2019/02/18以前にDLされた方はindex.phpの追加設定が必要です。

list.htmlを開き、地域検索用のプルダウンを追加します。

↓以下をコピペして使って下さい。

■解説

<select name="info20">
→上記の「info20」は管理画面で使った項目番号です。違う項目を使った場合は変更が必要となります。

以下解説は、1行目の「品川区」を例にとってみます。

<option value="101"<!--{def form/info20_101}--> selected="selected"<!--{/def}-->>品川区</option>
→上記の「info20」は管理画面で使った項目番号です。違う項目を使った場合は変更が必要となります。
_ (※アンダーバー)」は無条件に必ず加えます。

<option value="101"<!--{def form/info20_101}--> selected="selected"<!--{/def}-->>品川区</option>
→上記の「101」は管理画面で入力した「地域番号(品川区:101)」です。

<option value="101"<!--{def form/info20_101}--> selected="selected"<!--{/def}-->>品川区</option>
→上記の地域名は自由に入力して頂いて構いません。

list.htmlをアップロードし、賃貸物件ページにアクセス

以下のように表示されますので、実際に検索して確認してみて下さい。
地域のプルダウンから「品川区」を選択して検索をかけると「賃貸物件E」と「賃貸物件A」の2件がヒットします。

検索ボタンの「リセット」をおしてもプルダウンには適用されません。

■ちょっと補足

上のデモページでは、「新着順・安い順・高い順」もプルダウン化しています。使っているタグは以下になります。

<select name="ord">
<option value=""<!--{def ord}--> selected="selected"<!--{/def}-->>新着順</option>
<option value="2"<!--{def ord2}--> selected="selected"<!--{/def}-->>安い順</option>
<option value="1"<!--{def ord1}--> selected="selected"<!--{/def}-->>高い順</option>
</select>

※このプルダウンを使う場合は、list.htmlにデフォルトで入っている並べ替えのテキストリンクは削除して下さい。正常に動作しません。

<< 1つ前のページに戻る