CMS履歴(2020/07/10更新)

検索テーブルの解説

以下の赤ワクが検索ブロックです。必要に応じて編集ができます。

大きくわけて、「2つ」のブロックで構成されます。

こだわり検索」ブロックと、「それ以外」のブロックです。
「こだわり検索」はプログラムで自動出力されますが、「それ以外」は手動設定です。つまり、入れ替えが可能という事です。

「こだわり以外」の詳しい使い方

「こだわり検索」の詳しい使い方

「こだわり検索」内での検索条件(※AND検索もOR検索も利用可)

初期設定ではAND検索(全ての条件を満たす)です。

例:「新築」「角部屋」の2つに該当する物件データがある場合。

  • 「新築」「角部屋」の双方、又はどちらかがチェックされると検索されます。
  • 「南向き」を追加チェックすると、検索対象から外れます。

index.phpの337行目あたり(↓)でOR検索(いずれかの条件を満たす)に変更できます。
「こだわり」でテキスト検索をかけるとすぐ見つかります。)

「//」はプログラムで使えるコメントアウト用のタグです。「//」以降の1行分がプログラムに影響しないコメントとなります。

「こだわり以外」が2ブロック以上ある場合の検索条件

上記サンプルだと、「所在地で検索」の1つしかありませんが、複数設置できます。
ブロックが2つ以上ある場合のそれぞれの検索条件は、AND検索(全ての条件を満たす)です。

「こだわり以外」と「こだわり検索」のブロックの検索条件(AND検索)

and検索(全ての条件を満たす)になります。

<< 1つ前のページに戻る