無料ホームページテンプレート Template Party

初心者向けマニュアル公開中。完全無料でホームページを公開しよう!動画マニュアルつき。

不動産CMS(一般)共通メニュー

試用版のダウンロード

  • 必ずPHPプログラムサービス利用規約をお読みの上でご利用下さい。
  • サーバーでPHP5.4(SQLite3)〜PHP7(SQLite3)が使える事が条件です。
  • 『試用版』は管理ページでの新規登録制限が入っているのみで、他は『有料版』と全く同じ機能です。

試用版プログラムのダウンロード

+

専用テンプレートのダウンロード

まずはCMSが使えるか簡易チェックしましょう

まずはCMSが使えるか簡易チェックしましょう

  1. 試用版プログラムとCMS専用テンプレートのダウンロード。解凍&アップロード。
    (※画像内の再生ボタンを押すと動画が再生されます。約1分49秒。)

静止画の解説を見る

この解説は「不動産CMS(高機能版)」を使ったものになりますが、基本的な使い方は他のCMSも同じです。

  1. 「試用版プログラムのダウンロード」ボタンをクリックし、ダウンロードします。
  2. 続いて「専用テンプレートのダウンロード」ボタンをクリックし、CMS専用テンプレート一覧ページに移動します。
  3. CMS専用一覧ページが開いたら、テスト用のいずれかのテンプレートをDLします。
    古いものより比較的新しいものがおすすめです。
  4. 今回は「tp_fudosan12_green01」をダウンロードしました。
  5. ダウンロードした2枚のzipファイルを解凍します。
  6. 解凍後はzipファイルは不要なので削除しておいて下さい。
  7. 2枚のフォルダを開きます。
    ※以下画面は高機能版のファイルなので、一般タイプとは梱包内容が異なる場合があります。
  8. いずれか一方のフォルダにまとめます。
  9. CMSプログラムと、専用テンプレートが1つのフォルダにまとまりました。
  10. サーバーにアップロードします。
    既存サイトがない場合はそのままアップロードします。
  11. アップロード完了。
  12. 以下のように既存サイトが既にある場合、テスト用のフォルダを作ります。
  13. 今回は「test」というフォルダを作りましたが任意の名前で結構です。
  14. 今作った「test」フォルダを開き、
  15. そこにアップロードしましょう。

  1. サイトにアクセスしてプレビュー。管理ページへのログイン&データ入れ替えテスト。
    (※画像内の再生ボタンを押すと動画が再生されます。約2分57秒。)

■画面が真っ白で何も出てこない場合
サーバーのphpのバージョンがPHP5.4(SQLite3)〜PHP7(SQLite3)になっているか確認して下さい。
バージョンを変更される際は、他にphpを使ったプログラムを使っていないか十分注意して下さい。
■エラーが出る場合はパーミッション設定を行ってみて下さい。
「user_data」フォルダ、「data」フォルダのパーミッションを775、757、777の順で試して最初に動作するものを設定。
「data」フォルダ内の「fudosan.sqlite」ファイルのパーミッションを664、656、666の順で試して最初に動作するものを設定。
これで動かない場合は、上記のフォルダとファイル双方のパーミッションを合わせて設定。
それでも動かない場合は、テンプレートが梱包されているフォルダ本体のパーミッションも775、757、777の順で設定してみて下さい。
■上記を試しても改善されない場合。
あなたのサーバーではご利用頂けない可能性がございますのでチェックプログラムをお試し下さい。

静止画の解説を見る

この解説は「不動産CMS(高機能版)」を使ったものになりますが、基本的な使い方は他のCMSも同じです。

  1. サイトにアクセスしてみましょう。
  2. 試用版のサンプルデータが出力されています。
  3. 管理画面にログインしてみます。
    urlに続いて、?act=setupと入力します。
  4. ログインページが開きました。
  5. 以下の情報でログイン。
  6. 今回は「売買物件」メニューをクリックしてみます。
    ※以下の管理画面は高機能版のものなので、一般タイプとは少し異なります。

    補足:
    ここの物件情報はsetup.phpで変更できます。変更する際の注意点があるのでマニュアルをお読み下さい。

  7. 「売買物件E」を入れ替えてみましょう。

    今回は「試用版」を使っているのでデータの新規登録はできませんが、販売品には「新規追加」ボタンがついています。

  8. 編集の前に「プレビュー」を押してみます。
  9. 該当する詳細ページが開きます。
    あとでプレビュー確認しますのでこのまま開いておいて下さい。
  10. ちなみに、詳細ページのサムネイル画像は最大10枚(高機能版タイプは20枚)までアップできます。
    ※サーバーによってアップ数の限度がある場合もあるので、フルに使う予定の場合は試用版で実際に確かめて下さい。
  11. 管理ページに戻ります。
  12. 先ほどの「売買物件E」の編集ボタンをクリック。
  13. 名称を入れ替えてみましょう。
  14. 下の方の画像も追加してみます。
  15. 保存し、出てきた一覧リストを見てみましょう。タイトルが入れ替わったのを確認できます。
  16. 追加した画像は先ほど開いておいた詳細ページで確認します。
    以下のように、画像が追加されていればOKです。クリックしてプレビュー確認もしておきましょう。

  1. フォームの設定と動作確認。
    (※画像内の再生ボタンを押すと動画が再生されます。約1分43秒。)

静止画の解説を見る

この解説は「不動産CMS(高機能版)」を使ったものになりますが、基本的な使い方は他のCMSも同じです。

  1. setup.phpを開きます。
  2. 「メール設定」にあなたのメールアドレスを入力します。

    ※Windows付属の「メモ帳」は使わないで下さい。
    プログラムエラーを出す可能性があります。フリーのテキストエディタであればTeraPadやさくらエディタなどご利用下さい。
    HP編集ソフトの場合、よほど古いバージョンでなければ多分大丈夫だとは思います。

  3. setup.phpをサーバーにアップロードし、詳細ページにある「この物件に問い合わせをする」ボタンをクリック。
  4. フォームに情報を入力したら、確認ボタンをクリック。
    ※ここのメールアドレスにも自動メールが届きますので、あなたが使っているアドレスを入力しましょう。ランダムに入れてしまうと第三者に届いてしまう恐れがあります。
  5. 確認画面を見て問題なければ送信します。
  6. 送信完了です。
  7. メールチェックをして下さい。
    管理者宛てと、送信者宛ての計2通が届けばOKです。
    届かない場合、迷惑メールフィルタにかかっているか、設定・入力したメールアドレスが間違えている可能性が高いのでチェックして下さい。

問題ないようなら本格的な編集を行ってみましょう

詳しい内容はマニュアルをご覧下さい。

CMSに関するご質問・ご注文は…

一般のお問い合わせフォームからどうぞ。