無料ホームページテンプレート Template Party

不動産CMS

>> CMSバージョン履歴(2019/08/27更新) <<

地域別での絞り込みをする(一覧ページに地域選択のプルダウンを置く)

※チェックボックス(複数選択)は使えません。
一般タイプのCMSでは複数地域を選択する事はできない為、プルダウンの解説のみになります。
(『高機能版CMS』は、チェックボックスでの複数選択に対応しています。)

まずは地域専用の番号を割り振っておきます。

  • 品川区…「101」
  • 渋谷区…「102」
  • 新宿区…「103」
  • 杉並区…「104」

など、社内でリストを作るなどして決めておいて下さい。

※設定する数字や文字列についての注意点
1ケタの数字は使わないで下さい。もし「1」で設定した場合、「11」や「21」など、「1」の含まれたデータが全て検索に出てしまいます。どうしても「1」を使いたい場合は「01」であれば大丈夫だと思います。もちろん「01」が含まれる「101」などは検索されます。「10」と設定した際は「101」や「110」なども同様に「10」が含まれるので検索されます。

割り振った「地域」を登録する為の項目を1つ用意します。

試用版の設定をそのまま引き継ぐ場合は「項目20」が全て空いていると思いますのでそちらを使うと便利です。

管理ページの左メニュー「項目設定」をクリックし、一覧から各物件の編集ボタンをクリックし、出てきた設定画面の「項目20」に「地域コード」と入力。名称は「地域コード」でなくてももちろん構いません。

登録したら左メニューから「賃貸物件」をクリック。どのデータでも構いませんが、一番上にある「賃貸物件E」の編集ボタンをクリックします。

編集画面が出ますので、新しく追加した「項目20」の「地域コード」に冒頭で決定した地域番号を入力します。
今回は例として「101(品川区)」にしています。

同じ手順で、
「賃貸物件D」を「102(渋谷区)」
「賃貸物件C」を「103(新宿区)」
「賃貸物件B」を「104(杉並区)」
「賃貸物件A」を「101(品川区)」
にしてみます。
「賃貸物件A」はあえて「賃貸物件D」と同じ「101(品川区)」にしてみました。

管理ページ側の設定はこれで終了です。

2019/02/18以前にDLされた方はindex.phpの追加設定が必要です。

list.htmlを開き、地域検索用のプルダウンを追加します。

物件カテゴリー単位でこのカスタマイズを行いたい場合、物件種類ごとに「一覧ページ」「詳細ページ」用のテンプレートを指定する方法をご覧下さい。

↓以下をコピペして使って下さい。

解説

<select name="info20">
→上記の「info20」は管理画面で使った項目番号です。違う項目を使った場合は変更が必要となります。

以下解説は、1行目の「品川区」を例にとってみます。

<option value="101"<!--{def form/info20_101}--> selected="selected"<!--{/def}-->>品川区</option>
→上記の「info20」は管理画面で使った項目番号です。違う項目を使った場合は変更が必要となります。
_ (※アンダーバー)」は無条件に必ず加えます。

<option value="101"<!--{def form/info20_101}--> selected="selected"<!--{/def}-->>品川区</option>
→上記の「101」は管理画面で入力した「地域番号(品川区:101)」です。

<option value="101"<!--{def form/info20_101}--> selected="selected"<!--{/def}-->>品川区</option>
→上記の地域名は自由に入力して頂いて構いません。

list.htmlをアップロードし、賃貸物件ページにアクセス

以下のように表示されますので、実際に検索して確認してみて下さい。
地域のプルダウンから「品川区」を選択して検索をかけると「賃貸物件E」と「賃貸物件A」の2件がヒットします。

検索ボタンの「リセット」をおしてもプルダウンには適用されません。

並べ替えのプルダウンを使う場合、デフォルトで入っていた並べ替えのリンクは外して下さい。正常に機能しません。

<< 1つ前のページに戻る