無料ホームページテンプレート Template Party

不動産CMS

>> CMSバージョン履歴(2019/08/27更新) <<

一覧ページの検索コーナーの使い方・こだわりアイコンの説明

一覧ページ用のCMSテンプレートはlist.htmlです。

初期設定では、全物件の一覧ページをlist.html共通で使用していますが、各物件ごとに別々のhtmlを指定することもできます。
詳しくは「物件種類ごとに一覧ページや詳細ページを切り替える方法」をご覧下さい。

「こだわりで検索」と、それ以外の検索ブロックはand検索になります

それぞれ条件を入力した場合、and検索(全ての条件を満た場合に検索される)になります。

例:物件データが「東京都」「新築(こだわり)」「角部屋(こだわり)」だった場合。

  1. 検索例:所在地に「東京」。こだわり検索に「新築」は検索されます。
  2. 検索例:所在地に「東京」。こだわり検索に「新築」+「角部屋」も検索されます。
  3. 検索例:所在地に「東京」。こだわり検索に「新築」+「リフォーム済み」は検索されません。

「地域選択」ブロックについて

「地域選択」については、2019/02/19以降で配布中のCMS専用テンプレートにサンプルとしてセットされている検索項目です。
地域を数字で管理し、それの数字を登録する事によって絞り込みの対象にする事ができます。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

補足:2019/02/19以前にDLされた方はこちらに詳しい設定方法がありますのでご覧下さい。

「所在地で検索」ブロックについて

初期設定では、管理ページの「項目設定」メニューで設定をした「項目1(試用版なら「所在地」)」が対象となっています。
「所在地で検索」欄に検索したい「所在地」の一部を入れるとそれが「項目1」の登録内容に含まれる場合に検索されます。
例えば、「項目1」に「東京都港区」と設定してある場合、検索欄に「東京都」や「港区」と入力するとヒットするという事です。

>> 「所在地で検索」以外の項目を検索ブロックに追加したい場合

「こだわりで検索」ブロックについて

「こだわりで検索」コーナーはプログラムで自動出力されます。
「こだわり検索」同士の検索条件はand検索(全ての条件を満た場合に検索される)です

「こだわりで検索」のアイコン画像について

初期設定では、以下のようにアイコン画像が登録されていますが、他のアイコンに変更したり、通常のテキストに変更する事もできます。

>> テキスト表示に変更したい場合
>> アイコン画像を変更したい場合

<< 1つ前のページに戻る