CMS履歴(2020/07/10更新)

解説の前に

2020/03/22より、管理画面で使っているname値が見れるようになりました。

管理ページ

name値が見えない場合、html側で確認(↓)できます。

タグ解説(service.html)

当ページの画面サンプルは、tp_home4のものですが、他のテンプレートの出力内容もほぼ同じです。

head内のscriptタグ

一覧ページに必須のタグです。編集する際に、抜け落ちないように注意しましょう。

list.html

全ページ共通(titleタグ、metaタグ、h1タグ)

管理画面の「サイト設定」情報を出力するタグ類

タグ

サイト側(html)

タグ解説はこちら

呼び出しタグ

common

管理画面の「サイト設定」情報を呼び出す為のタグです。全ページで使えます。

{val common/site_title}
管理画面の「サイト設定」ページの「サイト名(site_name)」を出力するタグです。
titleタグ以外に、ロゴのaltタグやfooterのコピーライトでも使っています。

{val common/site_description}
管理画面の「サイト設定」ページの「サイト情報(site_description)」を出力するタグです。

{val common/site_keywords}
管理画面の「サイト設定」ページの「キーワード(site_keywords)」を出力するタグです。

{val common/site_keywords}
管理画面の「サイト設定」ページの「h1テキスト(site_h1text)」を出力するタグです。
2020/04/19時点でこの出力タグは使っていませんが必要に応じて使って下さい。

h2見出し

サイト側

タグ

タグ解説はこちら

setup.phpのカテゴリーを呼び出す

サイト側

{val title}

setup.phpの「info(扱う情報の種類)」の値を直接読み込むタグです。
「page(ページの名前と情報の対応)」と対になっています。

setup.php

「サービス一覧」ブロック

サイト側

タグ

タグ解説はこちら

呼び出しタグ

list

データを「一覧ページ(ループ出力タイプ)」に呼び出す為のタグです。
(class="list"のlistとは全く関連しません。classのlistは単にスタイルを設定する為に使っています。)

ループ処理

タグ

<!--{each list}-->

<!--{/each}-->

ループ処理(each)させるタグです。
データの数だけ間のタグを使ってループ出力します。

詳細ページへアクセス

タグ

?act=info&id={val list/info_id}

※詳細ページで使うテンプレートの指定は、項目設定メニューの「詳細用HTML」で行います。

管理画面の「タイトル(title)」を出力

サイト側

タグ

{val list/title}

管理画面の「説明(contents)」を出力

サイト側

タグ

{val list/contents}

NEWアイコンを出力

サイト側

タグ

<!--{def list/new_flag}-->

<!--{/def}-->

defは、データがある(def)場合を意味します。
管理画面で「新着」を選んだ場合に、間のブロックを出力します。
間にはNEWアイコンのタグが入っています。

おすすめプルダウンの選択肢を出力

サイト側

タグ

<!--{def list/recommend●}-->

<!--{/def}-->

defは、データがある場合を意味します。
recommend●は管理画面の「おすすめプルダウン」の選択肢です。
プルダウンの1つ目なら「recommend1(オプション1)」、2つ目なら「recommend2(オプション2)」、3つ目なら「recommend3(オプション3)」になります。※試用版の場合。
それぞれのプルダウンが選択されている場合に、間のタグを出力します。間のタグはhtmlで自由に入れ替えて下さい。
管理ページ
recommendのプルダウンの値はsetup.phpで変更できます。

PDFを出力

サイト側

タグ

<!--{def list/pdf}-->

<!--{/def}-->

defは、データがある場合を意味します。
管理画面でPDFをアップした場合に、間のタグを出力します。ここでは単純に「PDF資料あり」のテキストを出力させています。

画像を出力

サイト側

タグ

<!--{def list/image1_file}-->

<!--{/def}-->

defは、データがある場合を意味します。
1枚目の画像(image1)がある場合に間のタグを出力します。
間には、1枚目の画像(image1)を読み込むimgタグが入っています。

代替画像を出力

サイト側

タグ

<!--{ndef list/image1_file}-->

<!--{/ndef}-->

ndefは、データがない場合を意味します。
1枚目の画像(image1)がない場合に間のタグを出力します。
間には、画像がない場合の代替画像(noimg.png)のタグが入っています。

補足:「項目1(info1)」〜「項目20(info20)」を直接指定して出力

service.htmlでは使っていませんが、各項目を出力する事もできます。
自動出力させたい場合は、recruit.htmlのタグ解説。(項目を自動読み込み)をご参照下さい。

{val list/info1/title}

管理画面の「項目1(info1)」の「タイトル(title)」を直接出力させるタグです。
「項目2」なら{val list/info2/title}、「項目3」なら{val list/info3/title}・・・です。

{val list/info1/value}

管理画面の「項目1(info1)」の「内容(value)」を直接出力させるブロックです。
「項目2」なら{val list/info2/value}、「項目3」なら{val list/info3/value}・・・です。

<< 1つ前のページに戻る