無料ホームページテンプレート Template Party

汎用CMS(企業向け)のご紹介

>> CMSバージョン履歴(2019/08/21更新) <<

サービス詳細ページの詳細説明

※レイアウトを変更しやすいよう可能な範囲で解説しておりますが、限度があります。
マニュアル以上に掘り下げたご要望には対応できない可能性が高いのでご了承下さい。

まずはじめに。当ページで共通して使うタグ(item)の説明。

詳細ページで共通して使うタグにitemがあります。

「トップページ」や「会社概要ページ」などの一覧出力ではないタイプのページでは、itemの代わりにinfoを使い、一覧出力ページではlistを使いますので間違えないよう注意して下さい。

サービス詳細ページです。

①について
一覧ページの③④⑨の解説と同じです。一覧では「list」を使っていますが詳細ページなので「item」になります。

②について
ここは画像データの読み込み箇所です。
user_data/{val list/image1_file}は画像の読み込みタグです。ここの{val list/image1_file}部分は管理ページの「画像1」に登録した画像を指します。「画像2」ならimage2_fileです。user_dataは画像データが格納されているフォルダ名です。
altで読み込んでいる{val list/title}は上の①と同じタグです。
前後の行に入っている
<!--{def list/image1_file}-->
<!--{/def}-->

は、「image1_fileファイルがアップされている場合に表示する」の意味です。

③について
ここはサムネイルの読み込み場所です。widthの値以外はそのまま使って下さい。

④について
ここも①と同じで、タイトルを読み込んでいます。
上の行にある「名称」はservice_item.htmlで直接変更してもらって構いません。

⑤について
管理ページの「説明」を表示するタグです。
<!--{def item/contents}-->で挟んであるので、データが入力されている場合のみ、このパーツを表示させるという意味です。
上の行にある「詳細情報」はservice_item.htmlで直接変更してもらって構いません。

⑥について
ここは管理画面の情報をループして読み込む箇所です。
<!--{each item/info}-->
から
<!--{/each}-->
がループ処理の指示です。
この指定をすると管理ページの「項目設定メニュー」の「項目1」〜「項目20」で使用している全データを出力します。部分的に抜き出したい場合は、他で説明しているように直接データを読み込んで下さい。
{val item/info/title}{val item/info/value}は管理画面の「見出し」と「内容」を表示させるタグです。

⑦について
PDF資料の読み込み場所です。
./?act=get_file&id={val item/pdf}はPDFファイルへのリンクタグです。
{val item/pdf_file/name}はPDF名です。文字化けする場合があるので日本語でなく半角英数字を使って下さい。
<!--{def item/pdf_file}-->〜〜<!--{/def}-->はPDF資料がアップされている場合に表示するという意味です。上のサンプル画面ではアップしていないので出力されていませんが、PDFがある場合は以下のようにテーブルの最後に出力されます。

⑦について
フォームへのリンクです。
フォームを使いたくない場合、ここの3行のパーツと、contact.htmlファイルを削除して下さい。

管理画面では以下が該当します。

この管理画面はサービスページ(service.html)と共通で使っています。

<< 1つ前のページに戻る