無料ホームページテンプレート Template Party

汎用CMS(企業向け)のご紹介

>> CMSバージョン履歴(2019/08/27更新) <<

汎用CMS(企業向け)マニュアル

STEP2. setup.phpの編集

  1. setup.php冒頭にある「データベースファイルの場所と名前」を編集します。
    このままでももちろん動作しますが、hanyo_cms.sqliteファイルにダイレクトにアクセスされると、登録したデータ類をダウンロードされてしまうので、フォルダ名やファイル名を変更する事をお勧めします。
    もしくは、dataフォルダへBASIC認証などのアクセス制限をかけておく方法でもOK。

    ※上記はサンプルなので、ご自身の設定にして下さい。
    ここで変更した場合、実際のdataフォルダやhanyo_cms.sqliteファイルの名前も合わせて変更して下さい。

    ※Windows付属の「メモ帳」は使わないで下さい。
    プログラムエラーを出す可能性があります。フリーのテキストエディタであればTeraPadやさくらエディタなどご利用下さい。

  2. setup.phpの下の方に、フォームの設定箇所もありますので必ず設定して下さい。
    ※2019/08/21〜CMSフォームの通知メールの「件名」に管理者宛($subject_admin)が追加されました。
    あなたの情報に変更します

    複数メールアドレスに通知させたい場合、メールアドレスをカンマで区切る事で可能です。
    (例:info@samplesite.com,support@samplesite.comなど)

  3. 注意:「扱う情報の種類」はまだこの段階では編集しないで下さい。
    先にサンプルデータを削除しておく必要があるので、ここはまだ編集しないで下さい。

>> Step3. サンプルデータの削除