無料ホームページテンプレート Template Party

『高機能版』求人サイト向けCMSのご紹介

>> CMSバージョン履歴(2019/08/08更新) <<

「地域検索」の説明

「地域検索」については、配布中のCMS専用テンプレートにサンプルとしてセットされている検索項目です。
地域を数字で管理し、それの数字を登録する事によって絞り込みの対象にする事ができます。

地域を「数字」で管理

「試用版」の場合、以下の数字で管理しています。この値はあくまでサンプル用なので、ご利用時は自社に合わせて事前に決めておいて下さい。

※設定する数字や文字列についての注意点
1ケタの数字は使わないで下さい。もし「1」で設定した場合、「11」や「21」など、「1」の含まれたデータが全て検索に出てしまいます。どうしても「1」を使いたい場合は「01」であれば大丈夫だと思います。もちろん「01」が含まれる「101」などは検索されます。「10」と設定した際は「101」や「110」なども同様に「10」が含まれるので検索されます。

試用版の場合、管理ページの「項目20」を使って用意してありますので、そこを使います。

地域検索を使わない場合はもちろん「項目20」は他の用途に使って頂いて構いません。

list.htmlの説明

地域検索のチェックボックスタグ(list.html内)は以下のようになっています。

<label><input type="checkbox" name="info20C[]" value="100" {val form/info20C100}>千葉市中央区</label>
<label><input type="checkbox" name="info20C[]" value="101" {val form/info20C101}>千葉市花見川区</label>
<label><input type="checkbox" name="info20C[]" value="102" {val form/info20C102}>千葉市稲毛区</label>
<label><input type="checkbox" name="info20C[]" value="103" {val form/info20C103}>千葉市若葉区</label>

解説

1行目の「千葉市中央区」を例にとってみます。

<input type="checkbox" name="info20C[]" value="100" {val form/info20C100}>千葉市中央区
→上記の「info20」は管理画面で使った項目番号です。違う項目を使った場合は変更が必要となります。
C」は無条件に必ず加えます。また、"info20C[]"の[]もチェックボックス機能を使う上で必要なので入れて下さい。

<input type="checkbox" name="info20C[]" value="100" {val form/info20C100}>千葉市中央区<br>
→上記の「101」は管理画面で入力した「地域番号(千葉市中央区:100)」です。

<input type="checkbox" name="info20C[]" value="100" {val form/info20C100}>千葉市中央区<br>
→上記の地域名は自由に入力して頂いて構いません。

2019/02/19追記:プルダウンを使いたい場合

2019/02/18以前にDLされた方はindex.phpの追加設定が必要です。

list.htmlを開き、地域検索用のプルダウンを追加します。

↓以下をコピペして使って下さい。

■解説

<select name="info20">
→上記の「info20」は管理画面で使った項目番号です。違う項目を使った場合は変更が必要となります。

以下解説は、1行目の「千葉市中央区」を例にとってみます。

<option value="100"<!--{def form/info20_100}--> selected="selected"<!--{/def}-->>千葉市中央区</option>
→上記の「info20」は管理画面で使った項目番号です。違う項目を使った場合は変更が必要となります。
_ (※アンダーバー)」は無条件に必ず加えます。

<option value="100"<!--{def form/info20_100}--> selected="selected"<!--{/def}-->>千葉市中央区</option>
→上記の「100」は管理画面で入力した「地域番号(千葉市中央区:100)」です。

<option value="100"<!--{def form/info20_100}--> selected="selected"<!--{/def}-->>千葉市中央区</option>
→上記の地域名は自由に入力して頂いて構いません。

■ちょっと補足

上のデモページでは、「新着順・安い順・高い順」もプルダウン化しています。使っているタグは以下になります。

<select name="ord">
<option value=""<!--{def ord}--> selected="selected"<!--{/def}-->>新着順</option>
<option value="2"<!--{def ord2}--> selected="selected"<!--{/def}-->>安い順</option>
<option value="1"<!--{def ord1}--> selected="selected"<!--{/def}-->>高い順</option>
</select>

※このプルダウンを使う場合は、list.htmlにデフォルトで入っている並べ替えのテキストリンクは削除して下さい。正常に動作しません。

<< 1つ前のページに戻る