無料ホームページテンプレート Template Party

『高機能版』求人サイト向けCMSのご紹介

>> CMSバージョン履歴(2019/08/08更新) <<

求人ジャンルごとに「一覧ページ」「詳細ページ」用のテンプレートを指定する方法

HTMLテンプレート指定箇所について

左側メニュー「項目設定」から出てきたページの編集ボタンをクリックすると設定項目編集ページが開きます。
ここに「一覧用HTML」と「詳細用HTML」の設定箇所があります。
入力欄が空のままならCMSテンプレートに梱包されている「list.html(※一覧ページ用テンプレート)」と「item.html(※詳細ページ用テンプレート)」が適用されますが、ここにhtmlファイルを直接指定する事で他のテンプレートを適用する事ができるようになります。

今回は飲食店専用のhtmlを指定してみます。

  1. 飲食店用の「一覧ページ」を準備します。
    テンプレートの「list.html」をコピー&ペーストし、ファイル名を任意のものに変更します。
    今回は「list_foods.html」としました。
  2. 飲食店用の「詳細ページ」を準備します。
    テンプレートの「item.html」をコピー&ペーストし、ファイル名を任意のものに変更します。
    今回は「item_foods.html」としました。
  3. 「list_foods.html」と「item_foods.html」をそれぞれ編集します。
    今回は見出し用の画像を配置しました。
  4. 2枚のhtmlファイルや準備した画像などのファイル一式をアップロードします。
  5. 管理ページにログインし、「項目設定」->「賃貸物件」の編集ボタンを押し、HTMLファイル名を入力しましょう。
  6. 実際に出力されているページでプレビュー確認します。
    以下のようにちゃんと適用されていればOKです。

<< 1つ前のページに戻る