無料ホームページテンプレート Template Party無料ホームページテンプレート Template Party

『高機能版』求人サイト向けCMSのご紹介

求人サイト向けCMS(高機能版)共通メニュー

>> CMSバージョン履歴(2019/02/19更新) <<

一覧ページ出力応用編

ここからは求人の出力に関する拡張機能を説明させて頂きます。
色々組み合わせる事で、臨機応変な一覧ページの出力が可能となりますのでお試し下さい。

矛盾するような出力方法の組み合わせをした場合、どちらかの指定が有効となります。

求人項目を指定して表示する

kind=●

↓使用例
<a href="./?act=list&kind=1">

上記は配布中のテンプレートの求人メニューにも使われている指定です。
ここの数字とsetup.phpの求人の番号が連動します。例えば、「飲食店」は「1」なので、「kind=1」で読み込む事ができます。

指定は「&」でつなげて下さい。
例: <a href="./?act=list&kind=1&limit=5">

1ページへの「表示件数」を指定する

limit=●

↓使用例
<a href="./?act=list&kind=1&limit=5">

上記の例は、「飲食店(※試用版の場合)」を「5件」ずつ表示させる指定です。

初期設定では、setup.phpの以下の数字(10件)が適用されています。
全ての求人情報を対象に表示数を変更する場合はここを変更して下さい。

「全ての求人情報」をまとめて一覧表示する

setup.phpに設定した全ての求人をまとめて一覧表示させる方法です。
<a href="./?act=list">

limitとlistの組み合わせ

全ての求人情報を、「表示件数を指定」して表示させる。

初期設定の一覧表示だと10件ずつしか表示されないのですが、以下方法で一覧への表示件数を直接指定する事ができます。
<a href="./?act=list&limit=5">
「?act=list」が「全ての求人情報」で、「limit=5」が「5件ずつ表示」です。

上記を応用すれば、登録してある全部のデータを1枚のページに出力させることも可能になります。

<a href="./?act=list&limit=1000">
1000件以下の求人数なら、「limit=1000」と指定しておく事で全ての求人情報が表示されます。

「全部の項目」を対象とする出力の場合、「求人ジャンル」が決まらないので一覧ページ上部のh2見出しが空欄になってしまう点と、「こだわり検索」が表示されません。こういった使い方をする場合は、すぐ下の「一覧ページのhtmlファイルを指定して表示させる」も取り入れて下さい。

一覧ページ(list.html)のhtmlファイルを直接指定して表示させる。

html=●

↓使用例
<a href="./?act=list&kind=1&html=list2.html">

kind=1」は飲食店(※試用版の場合)を指します。営業なら「kind=2」です。
続く「html=list2.html」が「list2.html」ファイルを土台として出力させる指定です。
つまり上記の例だと「飲食店をlist2.htmlの一覧用テンプレートを使って出力させる」になります。
当然ですが、サーバー上に指定したhtmlファイルをアップロードしておく必要があります。

上記の他に、管理ページで一覧ページ用htmlや詳細ページ用htmlを指定する方法もあります。こちらは各項目ごとに設定するので、見出しが空になったりこだわり検索ができないといった事はありません。

詳細ページ(item.html)のhtmlファイルを直接指定して表示させる。※一覧ページ(list.html)からの指定のみ可能。

<a href="./?act=bukken&id={val list/info_id}&html=item2.html">

詳細ページへのリンクタグを上記のように変更します。
<a href="./?act=bukken&id={val list/info_id}」までは通常指定されている詳細ページへのリンクタグです。
その後ろについている、「&html=item2.html」が詳細ページのhtml指定です。
つまり上記の例だと「item2.htmlのテンプレートを使って詳細ページを出力させる」になります。

管理ページで一覧ページ用htmlや詳細ページ用htmlを指定する方法もあります。求人項目ごとに詳細ページを分ける方法でいいならこの方法をご利用下さい。

「新着」の求人情報を全件一覧表示させる。

<a href="./?act=list&limit=1000&top=1">
limit=1000」が「1000件ずつ表示」で、「top=1」が「新着求人情報」を指定しています。

「人気」求人を全件一覧表示させる。

<a href="./?act=list&limit=1000&top=2">
limit=1000」が「1000件ずつ表示」で、「top=2」が「人気」を指定しています。

マニュアルページに戻る