CMS履歴(2020/07/10更新)

「登録者」メニューについて

登録ユーザーを管理するページです。

試用版には

サンプルとして以下2件がセットされています。

「サンプル不動産」を見てみましょう

①「名前」「メールアドレス」「パスワード」

管理者として必要な準備」で収集したデータを入力します。

②「入力項目1」〜「入力項目4」と、都道府県(入力項目5)

予備のユーザー情報入力欄です。①以外にユーザー情報を集める場合にご利用下さい。

setup.phpの以下情報を読み込みます。
「1行入力(text)」と「プルダウン(select)」の利用が可能で、項目名(title)を空("")にするとその項目は管理ページには出力されません。

setup.php

③権限

権限のうち、以下赤ワクはsetup.phpから読み込まれる内容です。

setup.php

「CSV登録」と「タグ入力許可」について
CSV登録 CSVをアップロードさせるかどうかの設定です。
(ダウンロードは管理者が項目設定ページで各カテゴリーごとに使うかどうかの設定をし、それが反映されます。)
チェックを入れると、ユーザーのログイン直後のページ(「トップ」メニュー)にCSVアップロードのブロックが出力されます。
※試用版の「サンプル不動産」で利用可にしているのでそちらでご確認頂けます。

不動産の物件情報などのように大量のデータがある場合に使いますが、「不特定多数」の登録ユーザーが使う場合はこのチェックは「入れない」事を推奨します。同一企業内などで、複数スタッフが管理するようなタイプでのみ使えるようにして下さい。

タグ入力許可 登録ユーザーが管理画面でタグを使うかどうかの設定です。cssはもちろんですが、javascriptなども使えるようになってしまうので、「不特定多数」が使う場合はこのチェックは「入れない」事を推奨します
また、運営途中で「許可」→「禁止」に変更してしまうと、レイアウト崩れなどの問題が出る可能性があるので注意して下さい。

④登録数上限

ユーザーごとに登録できるデータ数の上限を設ける事ができます。半角数字で設定して下さい。
未入力・または「0」だと無制限に登録できます。
途中で登録数設定を減らす場合、設定値に既に到達しているユーザーには適用されませんのでご注意下さい。例えば、ユーザーが既に10件登録しているのに、5件に変更した場合などです。この場合、次にユーザーが1件登録した時点で登録数の上限扱いになります。

⑤有効

「有効」だと登録ユーザーは管理画面にログインできます。「無効」に切り替えるとログインできなくなります。
但し、ユーザーがログインしたままの状態だと、「無効」は効きません。ログアウトして初めて設定が反映されます。
ユーザーの削除を行えば、ログアウト関係なく、一切ログインできなくなります。

<< 1つ前のページに戻る