無料ホームページテンプレート Template Party無料ホームページテンプレート Template Party

ポータルサイト向けCMS

ポータルサイト向けCMS共通メニュー

>> CMSバージョン履歴 <<

『試用版』のダウンロード

  • サーバーでPHP5.4(SQLite3)〜PHP7.2(SQLite3)が使える事が条件です。※2019/01現在。
  • オプションでMySQL対応も可。詳しくはお問い合わせ下さい。
  • 『試用版』は新規登録が制限されている為、「新規登録」「データコピー機能」「CSVアップロード」はご利用頂けません。既存データは入れ替え可能なのでそちらでお試し下さい。
  • 有料版の機能(上の新規登録等)を試したい場合はお問い合わせ下さい。当サイト上でテスト確認いただける環境をご用意させて頂きます。

試用版プログラムのダウンロード

+

専用テンプレートのダウンロード

まずはCMSが使えるか簡易チェックしましょう

CMSの動作チェックをしましょう

当CMSは公開直後なので不具合が残っている可能性があります。
有料サービスなどでCMSを利用予定の場合、事前に十分な動作確認をお願い致します。不具合が発見された際はお手数ですがお知らせ下さい。

CMS専用テンプレートに試用版CMSプログラムを移動しましょう

試用版CMSを解凍すると以下のファイルとフォルダが出てきます。

これらのファイルは全てCMS専用テンプレートにそのまま移動して下さい。
※コピー先のテンプレートファイル構成はご利用のテンプレートタイプにより異なります。

まずは編集せずそのままサーバーにアップロード

編集してからアップしてしまうと、思わぬ不具合が出た場合にプログラム側に問題があるのか、お客様の環境に問題があるのか、編集内容に問題があるのかが分からなくなってしまいます。 ダウンロード後は編集せず、そのままアップロードしてテストを行ってみて下さい。

管理ページにログインしてみましょう

まずは、管理者としてログインしてみます。
後半、登録ユーザーでのログインも行います。

http://〜〜〜〜〜/?act=setup
にアクセスし、以下情報でログインしてみて下さい。
(「〜〜〜〜〜」部分は実際にご利用中のHPアドレスに入れ替えて下さい。)

画面が真っ白で何も出てこない場合
サーバーのphpのバージョンがPHP5.4〜PHP7になっているか確認して下さい。SQLite3環境も必須です。
バージョンを変更される際は、他にphpを使ったプログラムを使っていないか十分注意して下さい。

エラーが出る場合はパーミッション設定を行ってみて下さい。
「user_data」フォルダ、「data」フォルダ、「upload」のパーミッションを775、757、777の順で試して最初に動作するものを設定。
「data」フォルダ内の「portal.sqlite」ファイルのパーミッションを664、656、666の順で試して最初に動作するものを設定。
これで動かない場合は、上記のフォルダとファイル双方のパーミッションを合わせて設定。
それでも動かない場合は、テンプレートが梱包されているフォルダ本体のパーミッションも775、757、777の順で設定してみて下さい。

上記を試しても改善されない場合。
あなたのサーバーではご利用頂けない可能性がございますのでチェックプログラムをお試し下さい。

ログインできたら、左メニューから「不動産情報(売買物件)」を選択してみましょう

サンプル登録されたページが開くので

1行目の編集ボタンを押して編集画面に入ります。

編集画面が開いたら

テキストを1か所以上と、画像を1枚以上入れ替えてみて下さい。

画面が真っ白で何も出てこない場合
サーバーのphpのバージョンがPHP5.4〜PHP7になっているか確認して下さい。SQLite3環境も必須です。
バージョンを変更される際は、他にphpを使ったプログラムを使っていないか十分注意して下さい。

エラーが出る場合はパーミッション設定を行ってみて下さい。
「user_data」フォルダ、「data」フォルダ、「upload」のパーミッションを775、757、777の順で試して最初に動作するものを設定。
「data」フォルダ内の「portal.sqlite」ファイルのパーミッションを664、656、666の順で試して最初に動作するものを設定。
これで動かない場合は、上記のフォルダとファイル双方のパーミッションを合わせて設定。
それでも動かない場合は、テンプレートが梱包されているフォルダ本体のパーミッションも775、757、777の順で設定してみて下さい。

上記を試しても改善されない場合。
あなたのサーバーではご利用頂けない可能性がございますのでチェックプログラムをお試し下さい。

サーバーごとに、容量やアップロード数等の制限があります。
例えば、「アップロード数の制限」「1枚のアップロード容量制限」「全体のアップロード容量制限」など、ほとんどのサーバーでは様々な制限があります。必ず「試用版」を使ってご予定のファイルのアップロードが全て可能かご確認下さい。制限にひっかかった場合、サーバー会社にご相談下さい。php.iniなどの編集で設定変更が可能になる所も多いと思います。

画像ファイルは管理画面での指定がないと20点全て使う条件になります。
数を指定して使う方法はこちら。(※リンク先は高機能版不動産CMSページですが内容は同じです)

正常に保存できたらHP側を確認してみましょう

アクセスするのはあなたのサイトのトップページ(「http://〜〜〜.com/」など)です。

テンプレートではindex_.html(※アンダーバー「_」つき)がトップページ用ファイルですが、プログラムが自動でこれを使ってindex.htmlの代わりに出力してくれます。通常使うindex.htmlは置かないようご注意下さい。index.htmlといファイルを置いてしまうとそちらが優先表示されてプログラム出力ができません。

「売買物件を探す」メニューをクリックし、該当の情報が正常に変更されているかチェックしてみて下さい。
項目11以降のデータは詳細ページに掲載されています。

最後に、登録ユーザーとしてログインしてみます。

管理者としてログインしたままの状態なので、一旦ログアウトします。
ウィンドウを閉じただけでは、自動的に管理者のページが開いてしまうので、一旦ログアウトします。
または、管理者でログインしていない別のブラウザでテストしてもらってもOKです。

以下情報でログインします。
ID:sample@sample-fudosan.comcom
パスワード:5678

試用版には仮の登録者を「2件」セットしてあります。
■サンプル不動産(ID:sample@sample-fudosan.comcom パス:5678)
■サンプルユーザー(ID:sample@sample-user.comcom パス:9012)
どちらも架空のものなので、メールアドレスは存在しない(最後が.comcomになっている)ものになっています。入れ替えは可能なので、フォームの動作チェックをしたい場合はメールアドレス欄をあなたのアドレスに入れ替えて下さい。

管理者としてこれらのユーザー確認をする場合、管理ページの「登録者」メニューから行えます。
権限の変更もできます。

以下が「サンプル不動産」の管理画面です

管理者が許可した項目だけ出力されています。
実際にサンプルデータが登録されていますので、入れ替えてみましょう。

以下は「サンプルユーザー」の管理画面です

CSV利用を許可していないので、メインコンテンツにCSVアップロードブロックがありません。
「★お知らせ」の利用を管理者から許可されている場合、サイドブロックの「お知らせ」に宣伝を出す事ができます。
こちらもサンプルデータが登録されていますので試してみて下さい。

問題ないようなら本格的な編集を行ってみましょう

詳しくはマニュアルをご覧下さい。
ご購入をご予定の場合、「フォーム」の動作確認なども試用版で事前にご確認下さい。