CMS履歴(2020/12/22更新)

「ファイル1」〜「ファイル10」の出力バリエーションのご紹介

詳細ページは、現在配布中のタイプ(以下の「タイプ2」)の他、2パターンございます。

2020/12/09以降の.sqliteファイル、index.phpが必要です。
既存購入者様へ。バージョンアップ希望される際は、CMS履歴冒頭の説明をお読み下さい。

タイプ1

「タイプ1」の解説

file1〜file10でデータが登録されているものを1つずつ直接出力しています。item.htmlへのタグも多め。
htmlタグの記載順を直接変更する事で、臨機応変にファイルの表示順を変更できます。
パノラマ画像は静止状態で、画像上をドラッグする事で動きます。

デモサイトはこちら

「タイプ1」の使い方

こちらのマニュアルをご覧頂き、「手順2」のタグを以下に変更して下さい。

タイプ2

「タイプ2」の解説

※2020/12/09以降配布のテンプレートタイプはこれです
file1〜file10を種類別に全てループ出力します。
パノラマ画像は静止状態で、画像上をドラッグする事で動きます。

デモサイトはこちら

タイプ3

「タイプ3」の解説

file1〜file10を種類別にブロック分けし、それぞれデフォルトで最初の1枚目だけ表示させ、残りはテキストリンクで表示を切り替えられるようにしています。
画面はすっきりしますが、テキストリンクに気づかないと見てもらえないのが注意点です。
パノラマは自動で再生されます。(※他のタイプも自動再生できますが、全部表示させる分、負荷がかかる為、設定していません。)

デモサイトはこちら

「タイプ3」の使い方

こちらのマニュアルをご覧頂き、「手順2」のタグを以下に変更して下さい。

<< 1つ前のページに戻る