CMS履歴(2020/07/22更新)

STEP1. CMSプログラムとCMS専用テンプレート

解説

※当ページの解説は、「tp_shop9テンプレート」が土台となっております。
その他のテンプレートをご利用の場合は、梱包ファイルや画面構成が若干異なりますのでご注意下さい。

※以下の「赤ワク」のフォルダやファイル類がCMS納品ファイルになります。

プログラム関連
index.php プログラムファイルです。※基本的に編集は不要です。
data
フォルダ
データファイル(sqliteファイル)を梱包しているフォルダです。※直接の編集はしないで下さい。
このファイルに商品データが書き込まれていきます。定期的にこのファイルをダウンロードしておく事で最低限のバックアップができます。
※試用版と販売品の違いは、このファイルの構成が異なるのみです。

上書きリセットに注意。
管理ページを更新した以降は、「サーバー上」のsqliteファイルが更新されていきます。更新後にローカル上のこのファイルをアップロードしてしまうと上書きリセットされるのでご注意下さい。

user_data
フォルダ
管理画面でアップロードしたファイルを格納するフォルダです。
kessai
フォルダ
クレジット決済オプションを利用される場合にのみ使います。予定がない方はフォルダごと削除して頂いて構いません。
テンプレート関連(各自ダウンロードして下さい
top.html 「トップページ」用のテンプレートファイルです。
ファイル名は変更しないで下さい。
プログラムがこのファイルを認識してindex.html代わりに使いますので、ファイル名は変更しないで下さい。また、他にindex.htmlがあるとそちらが優先表示されてしまいますので、作らないように。top.htmlというファイル名ですが、実際にこのファイルにアクセスする事はありません。通常のindex.html同様、http://〜〜〜/で開きます。
list.html 「商品一覧ページ」用のデフォルトテンプレート。
item.html 「商品詳細ページ」用のテンプレート。
cart.html カートに入れた商品一覧画面です。お買い物を続けたり、購入の手続きに移動したりします。
cart1.html 上のcart.htmlの次のステップページ(お客様情報入力ページ)です。
cart2.html 上のcart1.htmlで入力した項目の確認画面ページです。
cart3.html 注文終了画面です。
その他 CMS出力とは直接は関連しないファイル類です。

Step2. セキュリティ対策

<< マニュアルページに戻る