h1テキスト入力場所です。titleタグの次に重要なので念入りに考えてワードを盛り込みましょう。

WORKS

見出しをここに入れます

ここに説明を入れます。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

見出しをここに入れます

ここに説明を入れます。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

画像の右寄せもできます。

これは左よせです。imgタグにclass="fl"を追加すればOKです。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

画像の左寄せもできます。

これは左よせです。imgタグにclass="fl"を追加すればOKです。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

右寄せや左寄せなどのフロートを途中で解除したい場合は、このように<p class="clear">など、class="clear"を指定してあげて下さい。

当ページ内のボックスも

1カラムレイアウトに対応しています

SUB MENU

この見出しはh3で囲む

ここに画像を置く場合、幅228pxまで。

他の使い方

box1の中にbox2を入れるとこんな感じになります。ここに画像を置く場合、幅216pxまで。

他の使い方

box2だけでも使えます。ここに画像を置く場合、幅228pxまで。