今月のお勧めコース

(見出しが必要であればこのスペースを使って下さい。)

サンプル見出し 1,500円

ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。

サンプル見出し 1,500円

ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。

サンプル見出し 1,500円

ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。

サンプル見出し 1,500円

ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。

サンプル見出し 1,500円

ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。

サンプル見出し 1,500円

ここに説明など入れて下さい。サンプルテキスト。

文字色やサイズなどの設定は…

梱包のcssフォルダに入っているstyle.cssで行います。メモ帳で編集できます。詳しい説明も書いていますのでお読み下さい。

テンプレートの編集サポートもございます

画像加工サービスをはじめとした編集サポートもございます。詳しくはこちらをご覧下さい。

テンプレートの編集方法については…

こちらの解説もご参照下さい。テンプレートのダウンロードの方法から解凍の仕方、基本的なテンプレート編集方法からカスタマイズ方法など、様々な使い方をご紹介中です。

テンプレートの使い方

■titleタグの設定はとても重要です。念入りにワードを選んで適切に入力しましょう。
まず、htmlソースが見れる状態(メモ帳などで開いてもOK)にして、
<title>和食屋向け 無料で使えるWEBデザイン tp_foods001_foods3</title>
を編集しましょう。あなたのホームページ名が「和食」だとすれば、
<title>和食</title>
とすればOKです。

続いて、下の方の
Copyright© 2012 和食屋向け 無料で使えるWEBデザイン tp_foods001_foods3[…省略…]
も編集します。「2012」部分はその年その年にあわせて変更していって下さい。
例:Copyright© 2012 和食[…省略…]

■h1タグを変更しましょう。
HP上段にあるh1タグのテキストを変更しましょう。titleタグの次に重要なワードです。

■metaタグを変更しましょう。
htmlソースが見える状態にしてmetaタグを変更しましょう。今はあまり重要視されていませんがSEO対策の一環です。

ソースの上の方に、
content="ここにサイト説明を入れます"
という部分がありますので、テキストをサイトの説明文に入れ替えます。検索結果の文面に使われる場合もありますので、見た人がよく分かるような説明文を簡潔に書きましょう。

続いて、その下の行の
content="キーワード1,キーワード2,〜〜〜"
も設定します。ここはサイトに関係のあるキーワードを入れる箇所です。10個前後ぐらいあれば充分です。キーワード間はカンマ「,」で区切ります。

当ブロックについて

当ブロックの見出しについて
当ブロックの一番上にある「ホームページビルダーをご利用の方へ(重要)」などの見出しは以下のように囲めばOKです。

当ブロック内のテキストは…
段落タグ<p>で囲みましょう。余白が自動で反映されます。

当ブロック内に画像を置く場合…
段落タグ<p>内なら、幅880pxまで。段落タグの外なら幅900pxまで。

ヘッダー背景画像について

baseフォルダに入っているheader_bg.jpg(背景画像用)にお好きな文字をのせ、imagesフォルダに上書きします。

上部のメインメニューについて

文字なしのベース画像がbaseフォルダに入っていますので好きに文字いれしてそのままimagesフォルダへ上書きして下さい。左からmenu_01.gif…と置き換わります。また、menu_overで始まる画像がロールオーバー用画像になります。当サイトでも制作代行承り中。最初の1個目のみ500円で追加1個あたりプラス150円。詳しくはこちら
■背景写真を入れ替えたい人は(※上級者向け)
背景の写真を入れ替えたい人用に、baseフォルダにmenu.pngとmenu_over.pngを梱包しています。まずはヘッダー背景画像(header_bg.jpg)をお手持ちの写真に入れ替えておいて下さい。そしてこのheader_bg.jpgの左側320px分をカット(削除)し、そこからメニューと重なる部分の350px分をmenu.pngとmenu_over.pngの下のレイヤーにコピーして下さい。そしてこのmenu.pngとmenu_over.pngのメニュー幅(各70px)に合わせてスライスしていって下さい。スライスしたらimagesフォルダ内のメニュー画像とそれぞれ合わせて上書き保存していって下さい。

その他の画像の入れ替えについて

その他の画像についてもbaseフォルダに土台が入っている場合がありますので自由にご活用下さい。基本的にimagesフォルダ内にある画像ファイル名と同じファイル名が付いていますが、ファイル名の一部に「●」と記号が入っているもの(入っていないテンプレートタイプもあります)については、ここを書き換えて複数制作する事ができるように準備したものですので、そのままの形では保存しないようにご注意下さい。

gif画像がうまく編集できない場合

ロゴやメニューの土台画像はgif形式になっています。そのまま画像ソフトで文字のせすしようとると、色数が限定されてしまうので、まずは増色設定をしてから文字をのせてみましょう。増色設定用のメニューは画像ソフトにより異なるので、分からない場合は画像ソフトのサポートに問い合わせてみましょう。

プレビューでチェックすると警告メッセージが出る場合

メニューのロールオーバー効果のjavascript(jsファイル)ファイルによって出る警告ですが、WEB上では出ません。また、この警告が出ている間はメニューのロールオーバー効果も見る事ができないので、警告メッセージ内で左クリックし、「ブロックされているコンテンツを許可」を選択して下さい。これにより効果がちゃんと見れるようになります。

当テンプレートで使用している写真や素材のほどんどは

姉妹サイトのPHOTO-CHIPSにて無料配布されています。