無料ホームページテンプレート Template Party無料ホームページテンプレート Template Party

WordPress(ワードプレス)メニュー

WordPressテーマに関するご質問は、htmlタグ、cssタグのみサポート掲示板にて受け付けております。
phpのカスタマイズはサポート外なので、『テーマ通りに使う方』『WodPressをご自身でカスタマイズ可能な方』、ご利用下さい。

フロントページの設定

プレビュー確認してみましょう

テーマ(テンプレート)のインストールはこれで終了ですが、まだ最適に使うための準備ができていません。
試しに適用したテーマをプレビューしてみましょう。

ブラウザの左上に、WordPressインストール時に設定したサイト名が表示されていますのでそれをクリックして下さい。

以下のようにサイトが表示されました。
本来入るべき見出しタグなどが表示されていませんので、これからテーマを最適に使うための設定を行なっていきます。

補足:ウィンドウ上部に表示されている黒いバーはWordPressが出力している編集用のパーツです。

パーマリンクの設定をしましょう

「設定」->「パーマリンク設定」をクリックするとパーマリンク設定ページが開きます。
2017年8月時点でデフォルトは「日付と投稿名」になっています。
そのままでも構いませんが、一般的なWEBサイトになれた人は「投稿名」が分かりやすそうなので「投稿名」を使ってみる事にします。
以下のように投稿名にチェックを移動しておいて下さい。
※他の設定を選ぶ場合でも、必ず「投稿名」とついているタイプにしておいて下さい。

フロントページの指定をしましょう

WordPressでは、「front-page.php」や「home.php」といったトップページ専用のテンプレートファイル名があるのですが、固定ページの入力エリア(入力パーツが揃ったテキストエリア)を使いたいので、今回は「固定ページ」を作ってトップページを指定する方法を解説します。

  1. トップページの設定を行ないます。
    「固定ページ」->「新規追加」をクリック。
  2. 開いたページの右上の「表示オプション」をクリック。

    表示オプション
    WordPressの編集ページに出てくる色々な編集パーツの表示の有無を設定するブロックです。開いているページにより、ブロック内容は異なります。今後、解説するパーツ名が見当たらない場合は、ここをクリックしてチェックが入っているか確認してみて下さい。

  3. 開いたブロックから「スラッグ」にチェックを入れて下さい。
    再び「表示オプション」タブをクリックすると、ブロックは閉じます。
  4. 以下のように入力・選択して最後に「公開」ボタンを押して下さい。
  5. 「固定ページ一覧」をクリックすると、今登録した「トップページ」が出てきます。
    もう1件データがサンプル登録されていると思いますが不要なので削除して下さい。各ブロックにカーソルを乗せると下に編集用メニューが出てきますので、「ゴミ箱へ移動」を選んでもらえばOKです。

  6. トップページの指定に入ります。
    左メニューから「設定」->「表示設定」を選択し、「フロントページの表示」に「固定ページ」をチェック、フロントページのプルダウンから「トップページ」を選び、保存ボタンを押して下さい。

    上のステップで設定した「トップページ」の固定ページを登録していないと、ここのプルダウン選択肢に出ないので注意。

  7. では再びトップページをプレビューで見てみましょう。
    以下のように、メインコンテンツに「トップページ」の見出しとサンプルの本文などが出ていればOKです。

NEXT:その他のページの設定(所用時間目安:10分〜20分)

マニュアルページに戻る