WordPressテーマのサービスは終了しました。
現在公開中の情報が全てとなります。今後WordPressを使ったサイト制作を進めていきたいお客様は、外部のWordPressテーマをメインに扱っているサイトのご利用をおすすめ致します。

カスタム投稿ページを作る

「一覧ページ」など、複数のデータをループさせて表示させたいページを作りたい場合(カスタム投稿タイプ)の解説です。
既存のデータ種類を複製して調整した方が簡単なのでその方法をご紹介します。

まずは、どのタイプを基準に作りたいかを決めて下さい

ゼロから作る方法もありますが、今回は、テーマに梱包されている「一覧ページ」「ブログ」「よく頂く質問」「リンク」などの出力タイプから目的に一番近いレイアウトを選んで作る事にします。

今回は「一覧ページ」と同じレイアウトを使うことにします。一覧ページと同じレイアウトで、詳細ページへのリンクを外した形にしたいと思います。

functions.phpの追加設定に入ります

  1. テーマのfunctions.phpを開き、「カスタム投稿タイプ」のブロックから土台にしたいブロックを探して下さい。
    今回は「一覧ページ」を土台にしますので、以下の赤枠部分です。
  2. 赤枠部分を選択(コピー)し、そのまま複製(ペースト)します。
  3. 必要な情報を入れ替えます。今回はインフォメーション用にしてみました。
  4. functions.phpの設定は以上です。サーバーにアップロードして下さい。
    アップロード場所は、通常は「wp-content」->「themes」->「利用中のテーマフォルダの中」になります。functions.phpがすでにあるはずなので上書きとなります。
  5. 管理ページにログインし、以下のようにメニューに追加されていれば成功です。

archive.phpの追加設定に入ります

  1. インフォメーション用の一覧ページを追加する為、archive.phpを開きます。
    list用のブロックが上の方にあるので、コピー&複製(ペースト)して下さい。

    必ずlistブロックの「下」に貼り付けて下さい。上に貼り付けるとプログラムエラーが出ます。

  2. 必要な情報を入れ替え&削除します。
    「list」を「info」に変更。
    「if」を「elseif」に変更。
    「ターム(ジャンル)出力」のブロックは丸ごと削除しておいて下さい。

    「ターム(ジャンル)出力」はインフォメーションでは設定していないので、ここのブロックは丸ごと削除しています。もし使う場合はfunctions.phpでlistからタームのブロックもコピペしておいて下さい。

ループ用ファイルの追加設定に入ります

  1. ループ出力用のphpファイルを準備します。ループファイルはすべてpartsフォルダに入っています。
    一覧ページのループ用のファイルは「parts」フォルダの「list.php」です。
    これを複製し、ファイル名を「info.php」に変更して下さい。
  2. info.phpを開き、まずはリンクタグを削除します。


    続いて、<?php the_excerpt(); ?>を、<?php the_content(); ?>に書き換えます。
    excerptは記事抜粋のタグなので全文表示させるため(今回はリンク先がない為)にcontentにしました。
  3. info.phpをサーバーにアップロードします。
    アップロード場所は、「wp-content」->「themes」->「利用中のテーマフォルダ」->「partsフォルダの中」になります。これも上書きとなります。

サンプル記事を投稿してみます。

  1. 左メニューに新規追加された「インフォメーション」->「新規追加」を選択して以下のようにサンプルを入力して公開します。
    スラッグがない場合、ページ上部の「表示オプション」タブをクリックしてスラッグにチェックを入れて下さい。
    アイキャッチ画像の登録方法はこちら。

インフォメーションをメニューに追加します。

  1. テーマに準備されているどこでも構いませんが、今回はサブメニューに追加することにします。
    「外観」->「メニュー」を選択。
  2. 以下のようにプルダウンから「サブメニュー」を選び、「選択」ボタンを押します。
  3. 以下のように「インフォメーション」のタブをクリックして開き、「すべて表示」タブを選択し、「インフォメーション」にチェックを入れて「メニューに追加」ボタンを押します。
    インフォメーションタブが見当たらない場合、画面上部の「表示オプション」タブをクリックしてインフォメーションにチェックを入れて下さい。
  4. 「メニュー構造」ブロックの一番下に追加されますので、希望する場所に移動します。


    メニューを押した状態で移動させると、好きな場所に配置できます。右側にずれてしまうと階層が変わるので注意して下さい。
  5. 以下のようにサブメニューに追加されれば成功です。
  6. 実際にメニューをクリックしてページも確認しておきましょう。

    ※ページが出てこない場合は「設定」->「パーマリンク設定」を開き、「変更を保存」ボタンを押してみて下さい。

    マニュアルページに戻る